個別に合う治療

心療内科での相談件数が多い症状

ベンチで頭を抱える人

大阪にある心療内科では、うつ病で苦しむ患者が多く通院しています。このうつ病とは、ストレス社会の現代において、誰もがかかりうる心の病気です。近年では、仕事や人間関係のストレスは大きく、生きていく上で苦悩する方は多いです。そのため、心身のバランスを崩しやsく、うつ病をきたしてしまいます。 うつ病の主な症状は、憂うつ、何事にも興味がわかない、意欲がなくなるなどがあります。その他にも、不眠、食欲不振、急激に痩せる、自責の念などの症状があります。これらの症状は、常にずっと続くわけではなく、軽快な時と不調な時とを繰り返します。 大阪の心療内科では、それぞれの患者の病状に合わせて、薬物療法や心理療法的などで治療を行います。

治療の有効な方法

大阪の心療内科では、それぞれの患者の状態に合わせた治療を行っています。多くの場合、まずは薬物治療を始めます。基本的にうつ病は、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れることで症状が現われます。なので、心療内科では抗うつ薬で、神経伝達物質のバランスを整えることで改善をはかります。もちろん、大阪の心療内科では、患者にとって過剰な量にならないように薬の量を処方します。 また、眠れない患者さんには、睡眠薬で充分睡眠がとれるように治療をします。睡眠が十分とれることで、気分の改善が見られることがあります。 その他にも、人や社会との関わり方をふり返る心理療法的なアプローチも行います。この治療を行うと、視野が広くなって感情をコントロ−ルしやすくなります。よって、病気の再発を繰り返さないようにできます。