多くの症状を扱っている

統合失調症とはどういう症状か

鰻丼

大阪の心療内科では、毎日、多くの心の病を抱える患者の治療を行っています。大阪の心療内科で特に多い症状が、統合失調症といわれる病です。この病気は、簡単に言うと、幻覚・妄想が起こる症状です。 まず、幻覚の症状は、自分の悪口が実際の声のように聞こえてくることが多いです。聞こえてくる内容は、患者にとって批判的なことが多いです。患者は幻聴に対して対話することが多いので、周囲からは独り言を言っているように見られます。また、妄想の主な症状は、周囲の人が監視しているなどの被害的妄想を感じることが多いです。 そもそも統合失調症の原因は、今のところ解明されていません。しかし、進学・就職・結婚などの環境の大きな変化がきっかけで起こることが多いです。

有効とされる治療方法

大阪の心療内科では、統合失調症の治療を行っています。基本的に有効とされる治療方法は、薬物療法と心理社会療法の二つを組み合わせることです。 まず、薬物療法では、抗精神病薬、抗不安薬、抗うつ薬を使用して症状の改善を図ります。また、体の異常などの副作用があれば、患者に合わせて適宜薬を調整していきます。この統合失調症は、非常に再発しやすい疾患といわれています。なので、また疾病が再発しないように、薬の服用は長期に渡ることが多いです。 次に、大阪の心療内科で行われる心理社会療法は、病気との付き合い方の訓練を行うものです。専門の医師によって、生活技能訓練、コミュニケーション訓練を行うことで症状の回復を行います。