症状と治療

適応障害とはどういうものか

アルカイックスマイルの女性

大阪には、うつ病や精神疾患などの病気を扱う心療内科が多くあります。多くの患者さんが心療内科に通っていますが、大阪で特に多い症状は適応障害というものです。この適応障害とは、学校や会社、家庭などに馴染めず、非常に辛く感じる症状です。たとえば、憂鬱になる、意欲低下、頭痛、めまい、動悸、暴飲暴食などの症状があります。このように身体や精神面に症状が現れることで、社会生活に支障をきたしてしまいます。 適応障害は、ある特定の状況によって引き起こされることが多いです。そのため、大阪の心療内科では、病気を発症する原因を特定して取り除く治療を行います。また、病気への適応力を高める認知行動療法、症状を抑える薬物療法も行います。

正しいクリニックの選び方

大阪には、たくさんの心療内科を扱うクリニックがあります。その中から自分に合うクリニックを選ぶことは非常に難しいです。 そこで、ここでは信頼できる心療内科クリニック選びのポイントをお教えします。まず大切なのは、医師との相性です。風邪や怪我で病院にいく場合は、医師との相性はあまり関係ありません。しかし、心の病気で病院を選ぶ場合、相性が悪い医師にあたると多大なストレスを感じてしまいます。そうなると、心の病の治療は難しくなります。なので、数回くらい通ってストレスを感じたら、思い切って病院を変えた方がいいです。 その他の注意点は、薬物療法だけのクリニックもやめたほうがいいです。ほとんどの方は、薬さえ飲んでいれば治るものだと信じています。しかし、薬だけ飲んでても、あまり根本的な治療にはなりません。医師によるカウンセリングでストレスのある生活の見直しを行うことが大切だからです。なので、きちんとカウンセリングを行うところを利用することが大事です。