うつ病の患者の増加

うつ病とはどういうものか

ベッドにより掛かる女性

大阪の心療内科では、たくさんの心の病を抱えた人が相談に訪れます。色々な症状がある中でも、心療内科で一番多いのがうつ病です。このうつ病とは、気分が沈むなどの抑うつ状態が長い期間続く症状です。その他の症状としては、睡眠障害、食欲低下、頭痛、肩こり、便秘、倦怠感などがあります。 うつ病は、近年のストレス社会が原因で増加傾向にある疾病です。日本では、人口の約7パーセントの人が経験していると言われています。特に中年期に発症することが多く、未治療の患者さんがとても多いです。 うつ病は、症状が軽いうちに治療を開始すれば進行を防ぐ事ができます。なので、早期治療のために、早めに大阪の心療内科で受診することが大事といえます。

有効なうつ病の治療方法

大阪の心療内科では、患者さんの性格や症状にあわせて、一人一人に最適な治療を行います。基本的にうつ病の主な治療法として、薬物療法が挙げられます。薬物には、抗うつ薬、抗不安薬や睡眠導入剤を併用することもあります。薬物治療については、副作用などで抵抗を感じる方が多いです。しかし、大阪の心療内科では、事前に薬の効果・副作用についてしっかりと説明しています。なので、患者さんは安心して治療を受けられます。 その他にも、うつ病の治療として、磁気刺激治療を行っています。これは、脳にある背外側前頭前野に磁気刺激を与える治療です。刺激を与えることで、脳の活動を回復させることができます。そもそもうつ病の原因は、脳の血流や代謝が低下していることが挙げられます。よって、刺激を与えることは非常に効果的な治療といえます。